キッカケがあれば出会える

友人を増やしたいと思いFacebookを始めました。
友達の紹介で始めたのですが友人は二人しか居なかったので、リアル友達との生存確認の様なやり取りをしていました。
時間のある時に今日合った出来事などを投稿をしていたのですがコメントを頂く事もありませんし、まるで独り言を書いている様な状態が続いていました。

紹介をして貰って始めたFacebookでしたがリアルな友人作りをしたくて始めたのです。
一向に反応が無い状態でしたので投稿をしているのが馬鹿馬鹿しくなり辞めようかと思いました。
ですがFacebookの事を理解していない所がありましたので活用が出来る方法を探索をした所、コミュニケーションの存在を知ったのです。
車、バイク、楽器、占い等、様々なサークル形式の掲示板が合ったのですが、その中で音楽のサークルを見つけたのです。
洋楽、邦楽に関しては人一倍思い入れがありましたので参加が出来ると思い、さっそくメンバーになって交流を深める事にしました。
メンバーと意見を交換している時に話が盛り上がってしまい、まるで二人の座談会的なノリになってしまいサークル内で一目置かれる存在になって行ったのです。

やり取りを見ていた方から友達登録の依頼が殺到をしてしまい、一ヶ月で60人の方と知り合いになる事ができました。
反応が無いので辞めようと思っていた所、一気に知り合いが増えたので毎日ログインをするのが楽しみになって行きました。
やり取りをしている内にチャット機能を利用して既婚者の女性と会話をするようになったのですが、チャットだけでは伝わらない事もありますし反応がリアルではありませんので、もっとスムーズに話せれば良いと思うようになりました。
そこでスカイプを利用して話しませんかと提案をした所、相手の女性も同じ様に考えていたみたいで直ぐに了解を得て話す事になりました。

話してみると凄く明るい女性ですし、会話を盛り上げようとする話し上手な所があり、音楽の事からプライベートの事まで2時間以上に渡って話しました。
次の日の事なのですが先日のスカイプのお礼を兼ねてメッセージを送った所、再び話そうと話が展開をして行き二日続けて話すことになりました。
先日以上に話が盛り上がりましたし徐々に打ち解けて行ったのか、彼女の旦那の話になって行ったのです。
仲が悪い為に会話も殆ど無い状態で部屋も別々になっている為に夜の営みも一切無いと言う事でした。
男性ならではの考えを同姓として意見をした所すっかり打ち解けてしまい、ご飯を食べに行く約束をしたのです。

そして数日後、約束をした駅で待っていると彼女が来てくれたのですが、事前に交換をしていた写メ以上に綺麗な女性で凄くうれしい気分になりました。
数回に渡ってスカイプをしていた事もありましたので初対面には思えませんし、前から知っているような感じで打ち解ける事ができましたので、ある意味運命だったのかも知れません。

その後レストランに食事に出かけましたが聞いて欲しいとばかりに旦那の悪口を言いますし、相談事を次から次へと言って来るのです。
この時点で完全に信用をされていると思いましたし私の事を認めたのでしょう、彼女との付き合いが始まって行く事になるのです。
会社が終わると待ち合わせ場所に出向いて彼女とデートをしたのですが、彼女は外に出ている間は家庭の事から解放をされるらしく楽しい空間を過していました。
週に4回は会っていましたので急速に関係が進展をして行ったのですが、例え別居中でも正確には人妻でありますので気を使いながらの付き合いをしなければいけません。
会う時は彼女の家の近郊を避けていましたし、人が大勢賑わう場所にも行かないようにしていました。
彼女といる時は心が満たされましたし彼女が独身でしたらもっと自由に行動が出来たかも知れません。
できれば一緒になりたかった女性でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です