フェイスブックでの出会い

よくSNSで出会うのはなしだと豪語する人がいますが、果たしてそうだろうかと思います。
確かにSNSよりはリアルな現実の友達の紹介のほうが、いい人に巡り会いやすいと思います。でもこれは会いやすいというに過ぎないと思います。

実際友達の紹介で出会うことになっても、うまくいくいかないに関係なくその人がいい人かどうかは絶対ではなかったからです。
友達が紹介するということは友達にとってはいい人に違いないパターンが多いのですが、それは友達関係を結ぶにはいい人というパターンしかない場合が多いからだと思います。
もちろんそれで本当に性格のいい人と出会うきっかけをもらったこともありますが、やっぱり最終的には自分の見る目だと思います。
フェイスブックは確かにSNSですが、顔が全く見えないわけではないのと、友達の友達という幅広い範囲まで検索できたりして、最終的にはほぼ他人の人だけどつながりがつながりを呼び出会うということも可能になります。

私が思うにフェイスブックとは、合コンを開いていないけれど合コンに参加してそのまま違うメンバーで合コンもできてしまう、、
というくらい出会いにたけた場だと思っております。向こうから返事がこなければ話になりませんが。
ただ注意したいのが、載せている写真のほとんどの場合が一番いい写真だったりするため、実際に会ってみたら全然違いすぎてわからなかったという恐ろしいパターンも待っています。

知り合いの多い人のフェイスブックの場合は、全然本人と違う写真を使うのは恥ずかしいと思うのでリアルにちょっと近いとは思います。

私は実際話したこともない中学校の先輩のフルネームを発見し、いいなと思っていた人だったのでその人に母校が一緒なこと等を伝えて距離を縮めて、相談する仲になり最終的に付き合うというところまでこぎつけることができました。

フェイスブックもしょせんSNS。SNSをしている人はこの世にはたくさんいます。その人たちが全員結婚していないかといったら違うし、全員変な人かといったら全く違うと思います。
ほんの少しの文章と写真だけでその人のよさを決めてしまうのは安易だとは思うので、出会いのきっかけにすることは全然ありだと思います。
出会いが全くない人が一歩足を踏み入れてみるにはちょうどよいコミュニティだと思います。
友達の紹介で聞いたんですが、出会い系スクールみたいなのもあるようです。
これで出会い系の勉強しようかなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です